2015.02.20

『LAND OF TOMORROW』にて、Faconnable×Jean Cocteau  CAPSULE COLLECTION を展開



『LAND OF TOMORROW』では2月21日(土)より、2015 Spring Summer 「Faconnable」×芸術家 ジャン・コクトーの作品に掲げたカプセルコレクションをラインナップ。ジャン・コクトー委員会を務めるピエール・ベルジェの支援と承認を得て今回のコレクションがスタート。ブランド発祥の地でもあるフランス、リビエラとジャン・コクトーのシンボルでもある絵を結びつけたアイテムを展開している。ディレクターのダニエル・カーンズによって、2つの要素が「Faconnable」の中でひとつに縫い合わせられたような秀逸なコレクションをぜひチェックしてみて。




LAND OF TOMORROW
東京都千代田区丸の内2-6-1 丸の内パークビル ブリックスクエア
TEL. 03-3217-2855
OPEN 11:00 〜 20:00 / 不定休
http://www.landoftomorrow.jp/





【Faconnable】
 1950年にフランスのニースでジャン・ゴールドバーグにより小さな仕立て屋としてスタート。1958年頃にはケーリーグラントやトニーカーティスといったカンヌ映画祭に訪れるハリウッドスター向けにオーダー・タキシードを製作するようになりました。後にジャン・ゴールドバーグの息子であるアルベールが店を引き継ぎ、店名をFaconnable(ファッソナブル)に改めます。最高級のファブリックを用いて精密なカッティングにより生まれる衣服はブランドのDNAとも言えます。70年代半ばにはALDENやSEBAGO、またLORO PIANAといった欧米を代表とするブランドとのコラボを果たし、さらには時計やアイウェア等ライフスタイル全般のアイテムを手掛け事業を拡大していきました。世界各国での出展を経た後に現在ではアーティスティックディレクターのダニエル・カーンズと共にブランドの枠組みをさらに広げ、新たなシーズンを迎えようとしています。

【Faconnable×Jean Cocteau Capsule Collection】
 2015年Spring/Summer、Faconnableは芸術家ジャン・コクトーの作品に捧げたカプセルコレクションを展開。Faconnable×Jean Cocteauのコレクションは世界でも少数のセレクトショップのみでしか展開されません。
 ジャン・コクトー委員会の会長を務めるピエール・ベルジェの支援と承認を得て今回のコレクションはスタートしました。ブランド発祥の地でもあるフランス・リビエラ、ジャン・コクトーのシンボルでもある絵を関連付けた、men’s / women’sの商品がお目見え。Faconnableのブランドが誕生した1950年はジャンコクトーの代表作‘オルフェ’の発表目前の年。ダニエル・カーンズによって2つの要素はここでひとつに縫い合わされるようにも思えます。

NEWS RANKING
ARCHIVES